ブログ

大人ミュージカル

 今日は体験レッスンに女性の方が来てくださり、「歌とダンスの両方が学べてよかった」「発声も普段やっているお芝居と一味違う発見があってよかった」と言ってくださいました。
 現代生活の中では、それぞれの地域で様々な文化にふれる機会があると思います。もともと歌ったり踊ったりすることが大好きな方でも、歌はカラオケボックスやカラオケ喫茶で、ダンスはバレエ教室やダンススタジオでというように、なかなか「歌ったり踊ったり」を同時に体験する機会は少ないのではないでしょうか?
 当スタジオでは、「歌って踊れば人生最高!」をモットーに、大人ミュージカルクラスを設けております。歌ったり踊ったりするのは好きだけど、同時に行うのはちょっと・・・という方でも楽しんで取り組んでいただけるよう、誰もがご存知の曲に簡単な振りつけをしていきます。そして、覚えた動きに合わせて心を解放させて歌えば、まさに「人生最高!」なのです。

 みなさん、一度体験にいらしてください。お待ちしております!

2017年05月17日

歌Sクラス

 今日から歌Sクラスに高校生が参加することになりました。
 もともと声質がよく、高い音でも頭から抜けるような発声ができる子です。早く課題曲を与えて、テクニックを磨いていきたいところですが、やはり基礎が大事です。
 今日は主に母音の響きをそろえるレッスンをしました。日本語には母音は5つしかありませんが、その5つの中でも口の形や舌の位置、喉の開き具合など様々な特徴があります。何も考えず「あいうえお」と発声すると、それらの特徴により響きがちぐはぐになってしまいます。しかし、ミュージカルでは、歌詞の内容をはっきりと伝えるために、口の開きは絶対です。ところが、口を大きく開けることで響きが分散してしまうリスクが実は高いのです。このようなことを考慮して、口を大きく開けつつも、母音の響きが均等になるようレッスンしました。

 テクニックは後でいくらでも身につけることができます。しかし、基礎は若いうちにしか体得できません。今後も基礎を大事にしたレッスンを心がけ、どこに出ても基礎をしっかりやってきたという自信をもって表現できる子をそだてていきたいです。

2017年05月09日

歌J 発声・演技Jクラス

 土曜日のJ(ジュニア)クラスでは、小学校2年生と4年生の姉妹が、歌と発声・演技の2コマを続けて受講してくれています。
 小学生の子に2時間連続は難しいかなと思っていましたが、10分の休憩をはさみ、2人とも集中力を切らさず、頑張って取り組むことができています。子どもたちは頭が柔らかいので、スポンジに水を含むかのごとく、言ったことをどんどん吸収していきます。
 小学生の発声・演技クラスでは、基本の発声練習にプラスして、まずはあいさつの練習をしていきます。「おはようございます」「こんにちは」「ありがとうございます」など、日常生活の中にあふれている言葉を、しっかりとした発声で、「美しい日本語」が話せるよう練習します。
 私は劇団四季時代に「美しい日本語の話し方」の講座で、全国の小学校を訪問していました。その経験を生かして、生徒たちにまずは基本のあいさつの大切さを伝えていきたいと思っております。

 当スタジオでは、対話をしながら、分からなかったところを、本人たちが理解し納得するまで何度も繰り返し行います。歌って演技をして「楽しい」だけでは、長く続きません。生徒たちが「分かった」「できた」ときの「楽しさ」を実感できるようレッスンしてまいります。

2017年05月07日

発声・演技クラス

 現在、発声・演技Sクラスでは、プロを目指している子たちが台詞と格闘中です。
当スタジオでは、台詞を練習する際、変に抑揚をつけたり、大声で怒鳴ったりするのではなく、まずはストレートに台詞を喋れるよう訓練しています。
腹筋や背筋を使い、一音一音を分離することで、客席の奥まで聞き取りやすくなるような発声を目指しています。そのような訓練を繰り返し行ってはじめて、表現(相手の台詞を聞いて、どう感じるか、役としてその台詞をどう伝えるかなど)の部分に迫っていきます。でもまずは基本から!
 台詞を与えられると誰しもが自由に表現したいと願うでしょう。しかし、その溢れる想いに耐えうるだけの基礎という土台がない状態で表現ばかりに目がいってしまうと、いわゆる雰囲気だけの芝居になり、台詞が聞こえにくくなってしまいます。そうならないためにも、基本的な訓練を徹底的に行うことが必要です。
 生徒たちは、お腹で一音一音をつかまえる作業に四苦八苦していますが、この苦労がやがて実を結ぶことと信じています。生徒たちの今後の成長が楽しみでなりません。

2017年05月02日

東三河高校演劇文化交流会

image4

先日、豊橋中央高校演劇部様より、文化交流会のために約5分間で何かパフォーマンスできるものを作ってほしいとの依頼がありました。そこで、ライオンキングの「サークルオブライフ」を
オリジナルの振り付けで指導することになりました。
90分×2日間という短い期間でしたが、みなさんすごい集中力で練習に臨んでくれました。
昨日本番だったのですが、彼らの演技はとても迫力のあるものだったと聞いています。
みなさん、本当にお疲れ様でした!

このように、出張でレッスンも致しております。どうぞお気軽にお問い合わせください。

2017年05月01日

大人ミュージカルクラス

現在、大人ミュージカルのクラスでは、火・水・土(10:00~)は主婦の方、火・水・木(19:30~)はお仕事帰りの方などに参加していただいております。
基本的な内容としましては、お馴染みのミュージカルナンバーに合わせて、体を動かしたり、歌を歌ったりしますが、当スタジオは少人数制ですので「舞台を控えているので台詞の練習をしたい」「たくさん踊って汗をかきたい」「体が硬いのでストレッチをしたい」など、ご要望を聞いたうえでレッスンをさせていただいております。

ミュージカルに興味のある方だけでなく、運動不足の方や美容に関心のある方も大歓迎です。
是非一度いらしてくださいね。

2017年04月27日

歌Sクラス

中学1年生の男の子が只今歌を練習中です。
歌であろうと、演技の発声であろうと、息の取り込み方は同じですので、まずは床に寝そべって腹式呼吸の確認をします。
最終的には1拍で素早く息を取り込めるようにするために、8拍×8拍・4拍×4拍・2拍×4拍・1拍×4拍などを繰り返し練習します。
次に、腹式呼吸でつかまえた息を、お腹でコントロールしながら声に出していきます。同じ音階で♪「アエイオウ」・音階を上下させて♪「ラララ~」
響きを集めながら♪「マメマメ~」など、みっちり発声練習を行います。
そして最後に練習曲を歌います。今日はライオンキングの「早く王様になりたい」を練習しました。

ミュージカルの発声は、がむしゃらに声を前に出すことと思われがちですが、それでは声帯を痛めてしまいます。きちんと喉を開いた状態で響きを集め
ながら発声することが大事です。
ミュージカルといえど、あくまで発声の基本は声楽です。それに加えて、歌詞の内容をきちんと伝えることがミュージカルに求められることだと
思います。そのためには少しばかりのテクニックが必要ですが、慣れれば簡単に行うことができます。
みなさんも一度体験レッスンにいらしてください。

2017年04月24日
» 続きを読む